ABOUT COMPANY

企業情報

経営理念 代表メッセージ 会社概要 営業拠点 沿革 組織図 CSR 関連企業 主要取引先

経営理念

阪村産業株式会社は、前進的で独創的な生産活動に努め、明るい職場環境を作り、 社会に貢献できる企業を目指しています。

代表メッセージ

 私たち阪村産業株式会社では、自動車向け部品メーカーとして創業以来、 品質を最優先に製品の安定供給に努めております。これらを実現するため、ナット事業部、 ダイス事業部でそれぞれ品質および環境ISO認証取得をおこなうとともに、 計画的な設備の増設・更新による生産性向上を図っています。
昨今の自動車業界を取り巻く環境を見ますと、EV化による部品減産への懸念があります。 当社では現在、将来のニーズを見据えた次世代型事業確立のための社内体制整備などにも取り組んでおります。
また、昨今の気候変動などがもたらす天災による事業活動への影響を最小限に抑えるべく、 グループ会社である株式会社阪村機械製作所とのネットワークを活かし、 BCP対策として設備のバックアップ体制も整えています。
今後も当社では、ナット事業部、ダイス事業部、さらにタイで展開する現地法人との グループ連携力を活かし、お客様のご要望にお応えできるように努めて参ります。

代表取締役社長 中村 行伸

会社概要

お客様に満足していただける品質を提供します。卓越した鍛造技術から 生まれた締結部品で社会に奉仕致します。 鍛造機械から金型、部品の設計開発から製造まで一貫したノウハウにより、 より安くより早く必要な数量の供給が可能です。
会社名 阪村産業 株式会社
代表者名 中村 行伸
資本金/年商 9,800万円/65億7,900万円(平成28年8月実績)
創業 1965年3月(昭和40年)
事業内容 ねじ部品及び金属部品製造販売、鍛造金型設計販売
従業員数 ナット事業部89名、ダイス事業部38名、計127名(2021年8月現在)
取引銀行 三菱UFJ銀行(上本町支店、伏見支店)、 京都信用金庫 (城陽支店)
所属団体 一般社団法人日本ねじ工業協会、関西ねじ協同組合
表示許可 品質ISO9001、 環境ISO14001 本社工場および大阪支店 認証取得
本 社 (ナット事業部)
[地図]〒610-0231京都府綴喜郡宇治田原町大字立川小字塩ヶ谷14番地1号
【Googleマップを開く】
TEL:0774-88-5252  FAX:0774-88-5411<br>
大阪支店 (ダイス事業部)
〒578-0984 大阪府東大阪市菱江6丁目11番18号
【Googleマップを開く】
TEL:072-961-7010  FAX:072-961-1090
東京営業所 (ナット・ダイス事業部)
〒121-0011 東京都足立区中央本町4丁目15番13号
【Googleマップを開く】
TEL:03-3889-8301  FAX:03-3852-2888
名古屋営業所 (ナット・ダイス事業部)
〒454-0921 愛知県名古屋市中川区中郷5丁目80
【Googleマップを開く】
TEL:052-352-8231  FAX:052-351-1336
1961年 (昭和36年) 阪村機械製作所内において金型事業部発足
1964年 (昭和39年) ナット事業部発足
1965年 (昭和40年) 阪村産業株式会社設立
1967年 (昭和42年) 増資 資本金100万円
1968年 (昭和43年) [ナット事業部]現京都工場にてスプリングナット・テーパプラグの開発・製造販売開始
1969年 (昭和44年) 増資 資本金3000万円
[ナット事業部]関西エースナット会発足
1971年 (昭和46年) [ナット事業部]関東エースナット会発足
1972年 (昭和47年) 増資 資本金4,500万円
1974年 (昭和49年) [ダイス事業部]設計から技術指導までのトータルサービスシステムの開始
増資 資本金6,500万円
1975年(昭和50年) [ダイス事業部]コンピューター導入 (データ通信)
1977年 (昭和52年) [ナット事業部]フランジナイロンナット(フニロン)ターミナルナットの開発・製造販売開始
1978年 (昭和53年) 増資 資本金8500万円
1979年 (昭和54年) 増資 資本金9800万円
1980年(昭和55年) [ナット事業部]クリンプナット製造販売開始
[ダイス事業部] K.Oダイ開発・製造販売開始
1981年(昭和56年) [ナット事業部]アルミプラグ開発・製造販売開始
[ダイス事業部]W型ストレニトピアシングピンを開発・製造販売開始
QC活動導入
1983年(昭和58年) [ダイス事業部]コンピュータの営業所間オンライン化
1984年(昭和59年) [ダイス事業部]ワンタッチ式切断ナイフ台を開発・製造販売開始
1985年 (昭和60年) [ダイス事業部]ピンロック付ダイス。ワンタッチ式スピンドルを開発・製造販売開始
[ダイス事業部]二次元CAD導入
1986年(昭和61年) 本社ビル建設。本店を現在地に移転
[ダイス事業部]VAダイを開発。製造販売開始
1989年(平成元年) [ナ ット事業部]BPプラグ開発・製造販売開始
1990年 (平成2年) [ダイス事業部]二次元CAD営業所間オンライン化
1998年 (平成10年) [ナット事業部]宇治田原工場建設
1999年(平成11年) [ナット事業部]ISO-9001(JQA―QM3800)取得
2001年(平成13年) [ナット事業部]宇治田原工場倉庫建設
2005年(平成17年) [ダイス事業部]三次元CAD導入
株式会社サカムラテックを設立
2006年(平成18年) [ナット事業部]宇治田原工場倉庫増築
2007年(平成19年) [ナット事業部]IS014001を認証取得
[ダイス事業部]三次元解析(有限要素法)導入
2009年(平成21年) [ナット事業部]ECO商品(CAP NUT、CAVITY PLUG)の開発
[ナット事業部]新緩み止めナット(PAIR NUT)の開発
2010年(平成22年) [ナ ット事業部]宇治田原工場倉庫建設
2012年(平成24年) [ナット事業部]宇治田原工場隣地を購入
2013年(平成25年) [ナット事業部]宇治田原に本社移転。工場を1カ所に集約
[ナット事業部]工場倉庫を第二工場に改修
2016年(平成28年) [ナット事業部]第二工場を建設
2018年(平成30年) [ダイス事業部]大阪支店がISO9001認証取得
2021年(令和3年) [ダイス事業部]大阪支店がISO14001認証取得

組織図

画像をクリックすると拡大します。

CSR

ISO理念

阪村産業株式会社は、前進的で独創的な生産活動に努め、明るい職場環境を作り、 社会と環境に貢献できる企業を目指します。

ISO方針

阪村産業株式会社は、顧客に満足して頂ける品質を追求し提供するとともに、 地球環境保護の重要性を深く認識し、品質・コスト・納期。環境の改善を大目的として、 冷間鍛造部品の生産活動及び、より良い金型の提供に社員一丸となって取り組みます。事業活動において生じる汚染、地球温暖化、資源の枯渇等の環境への影響を認識し、 我々の使用する資源 (電気、油、鉄鋼材料、工具等)を最小限に活用し、それに伴って 生じる環境への汚染予防に努め、継続的な改善を行います。

・ISOに関する法令、条例及び当社が受け入れた利害関係者の同意事項を順守します。ISO活動の維持・改善にあたり、目的・目標を設定し、定期的に見直しを行います (計画 P→実施 D→検証 C→改善A) 。当社は組織に働くすべての従業員にIMS教育、啓蒙活動を行い、ISO方針の理解と 周知徹底を図り、その推進と維持に努めます。 このISO方針は、社外から要求があれば一般に公開します。

2020年8月11日
阪村産業株式会社
代表取締役 中村 行伸

関連会社 ㈱サカムラテック
SAKAMURA INDUSTRIES(THAILAND) CO., LTD.(タイ・サムットプラカーン県)
サカムラグループ会社 ㈱阪村機械製作所 (京都府)
東京阪村機械㈱(茨城県)
㈱東海サカムラ (愛知県)
㈱布施阪村機械 (大阪府)
阪村精圧㈱(京都府)
㈱阪村テクノロジーセンター (京都府)
㈱阪村エンジニアリング (京都府)
㈱阪村ホットアート (京都府)
㈱サカムラハイテックス (京都府)
Sakamura USA,Inc.(米国・オハイオ州)
主納入先 〇ナット事業部
・株式会社オーハシテクニカ
・株式会社杉浦製作所
・株式会社テクノアソシエ
・藤田螺子工業株式会社
・株式会社マルイチ
・株式会社ヤハタ
・株式会社大和製作所
〇ダイス事業部
・株式会社青山製作所
・株式会社イズラシ
・株式会社オンド
・中国精螺株式会社
・株式会社阪村機械製作所


主仕入先 ・日鉄物産株式会社
・日鉄精鋼株式会社
・協同シャフト株式会社
・株式会社オーアンドケー
・末廣鋼業株式会社
・末廣精工株式会社
・株式会社丸菱ナット製作所
・近江OFT株式会社
・昭和金属工業株式会社
・特殊発條興業株式会社
ナット事業部代理店
(エースナット会)
[関西:17社]
・池田金属工業株式会社
・井上鋲螺工業株式会社
・株式会社オオヤマ
・岡總株式会社
・株式会社コムウエル・フジサワ
・トルク株式会社
・小林鋲螺株式会社
・株式会社サンワ・アイ
・株式会社隅田鋲螺製作所
・田原株式会社
・株式会社テクノアソシエ
・特殊発條興業株式会社
・株式会社ホシック
・松田金属工業株式会社
・株式会社三笠・鋲螺
・由良産商株式会社
・株式会社ヤハタ
[関東:9社]
・イワタボルト株式会社
・ヱトー株式会社
・遠藤精螺工業株式会社
・大関ジョイテック株式会社
・株式会社オーハシテクニカ
・株式会社コバユー
・株式会社タカシマ
・株式会社東京鋲兼
・株式会社ユニタス